フライヤー印刷について【ラクラク!ネット注文でコストを大幅削減】

最新記事一覧

しっかりめの広告物

フライヤー

作るときのポイント

フライヤーは広告物の一種で、「(ヘリコプターなどから)まくもの」という語源を持ちます。語源としてはチラシと一緒なのですが、現在はチラシよりも少しおしゃれでしっかりした広告物のことをさすことが多いです。サイズとしてはA4かB5くらいの大きさが一般的で、紙の厚さとしては90キログラムから130キログラムほどのしっかりした厚さが選ばれることが多いです。イベントの販促用や店頭の持ち帰り用として使われることが多いです。フライヤー印刷はチラシ印刷などを行う印刷会社ならたいてい請け負っています。フライヤー印刷の場合はよりデザイン性を重視することが多いため、きちんとしたデザイナーに依頼することが多いです。比較的しっかりした生地で、保管されることも多いので、その分デザインが重要となってくるのです。フライヤー印刷を依頼するときは、費用、デザインの雰囲気、納期などを総合的にチェックして業者を選ぶ必要があります。費用を正確にチェックするには、見積もりをもらって比較するのが確実です。見積もりだけならば無料のことが多いので、複数業者に依頼してもよいでしょう。追加費用が発生するか家発生するときの条件についてはきちんと確認しておく必要があります。デザインの雰囲気は過去の実績などをチェックして選ぶとよいでしょう。フライヤー印刷の実績があればホームページに取引業者がのっている可能性は高いので、そちらを参照しましょう。また納期が急ぎの時は急ぎ納品が可能かや追加費用がかかるかもチェックしておきましょう。

Copyright© 2018 フライヤー印刷について【ラクラク!ネット注文でコストを大幅削減】 All Rights Reserved.