フライヤー印刷について【ラクラク!ネット注文でコストを大幅削減】

最新記事一覧

業者によるオプション

紙

フライヤー印刷を業者に依頼する事で高品質な物を作る事ができます。更にオプションを上手く使えば時間が掛かる加工や印刷を行って貰う事ができ更にオフセット印刷を選択する事により仕上がりがより色鮮やかになります。

詳しく見る

複数の会社を比較検討

印刷機

フライヤー印刷会社を選ぶには、早さ、安さ、仕上がりの品質のうち、どれを重視するのかをあらかじめはっきりさせておくのが良いでしょう。その上で複数社を比較検討し、見積もりをとって決めることをお勧めします。対応のよい会社は、仕事の質もよい可能性が高いと考えられます。

詳しく見る

フライヤーとは

CMYK

作るポイント

フライヤーは厳密に定義されているものではありませんが、いわゆる日本でいうところのチラシです。フライヤーの語源は飛行機によって空から散らした広告物のことから来ています。しかし飛行機を使った広告は禁止されており、現在では厳密なフライヤー広告はありません。一方でフライヤーはチラシやビラなどと同じ意味で使われるようになっており、近年では小さめのサイズの広告物や厚みのある広告物などをフライヤーと呼んでいる場合もあります。いずれにしてもフライヤーは1枚ものの比較的小さな紙に印刷された広告物で、チラシなどと異なりコストが安いといったメリットがあります。フライヤー印刷は印刷会社であれば対応していますが、フライヤー印刷を専門に行う業者もあり、特にインターネットから注文することも可能です。フライヤーの多くはA4サイズまでのものが使われます。紙の種類は普通紙から光沢紙までさまざまなものがあり、薄っぺらいものから厚みのあるものまでフライヤー印刷では対応しています。インパクトを与えるのであればカラー印刷が使われますが、モノクロ印刷であれば費用を抑えることができます。フライヤー印刷に限らず印刷物は枚数が多くなるほど1枚あたりの単価が安くなってくるもので、1万部を超えると1枚あたり2円までで刷ることができます。ただ急ぎの場合には優先して印刷されるぶんだけ費用が割増されます。またフライヤー印刷は単に印刷してくれるだけのもののほか配布方法もセットになった業者もあります。

印刷だけじゃないサービス

チラシ

フライヤーを制作する場合、印刷だけを依頼するケースとデザインまで任せたいケースがあるでしょう。後者も請け負ってくれる業者を探す際はテンプレートを用意している場所があります。フライヤー印刷業者に依頼したい内容を考えて理想的な一社を絞り込みましょう。

詳しく見る

しっかりめの広告物

フライヤー

フライヤーはチラシよりもしっかりしていてデザイン性が高めの広告物をさすことが多いです。フライヤー印刷を依頼するときは費用、デザインの雰囲気、納期などについて確認してから選ぶとよいでしょう。見積もりをもらって比較するのもおすすめです。

詳しく見る

部数によって費用は違う

印刷機

フライヤー印刷は専門業者に発注しましょう。スピード印刷をしてくれるところもあれば、費用が安いところもあります。トータル的にお得に感じられる業者を選択することが大事です。また、部数によって費用も違ってきます。

詳しく見る

Copyright© 2018 フライヤー印刷について【ラクラク!ネット注文でコストを大幅削減】 All Rights Reserved.