海外の占い事情

占いは全世界中に存在しますが、日本の占い事情と海外の占い事情は異なります。
言葉の壁や文化の違いがあるためにあまり日本人が海外旅行へ訪れた際に占い師に占ってもらうという事はほとんどないでしょう。
だからあまり海外の占い事情についてはよく分かりませんよね。

日本の占い事情は占いは娯楽的要素が強いのではないでしょうか?
今日の占いや星座占いなどテレビや雑誌で見ながら友達と占いについて盛り上がったり、恋愛をした時に好きな相手との相性を見てもらうなどの楽しむための占いなのです。

もちろん日本でも深刻な悩みに対して解決を求めて占ってもらう人もいています。
しかし占い人口を総数で見た時に娯楽的要素として占いを楽しんでいる人が多いのが日本の占いの特徴だと言えるでしょう。

では海外はどうなのか?というと国によって占い事情は変わってきますが、分かりやすい例で言えばインドです。
インドでは占いと宗教が密接に結びついているので、占いも日常的に取り入れられているのです。
例えば運勢の悪い時期にはお祈りの時間をいつもより長くしてみたり、神の使いである動物に食べ物を与える事でお供え的な要素があったりするわけです。

宗教とは心のよりどころですから、神を疑う事なんてしませんよね。
つまり同じぐらい占いの結果についても強く信じているというわけです。
そのため悪い占い結果が出たら、神の加護を求めるために神にいつも以上に祈りをささげる。
そこには矛盾はありませんし、理に適っていると言えるのかもしれません。

ただ多くの日本人は無宗教ですから、この感覚を理解するのは難しいですよね。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.